メニュー

1:活性化自己リンパ球療法

cancer16活性化自己リンパ球療法は、活性化されたTリンパ球群を約2週間で多量に培養して投与する免疫細胞療法です。
Tリンパ球の中でも直接がん細胞を攻撃するキラーT細胞(CTL)だけでなく、体内の免疫機能の活性化を手助けするヘルパーT細胞も投与されますので、患者さんの免疫力の底上げができます。これにより、日々の生活の質が改善され抗がん剤や放射線療法の効果を高め、副作用を軽減する効果も期待できます。活性化リンパ球療法は、1回の採血が約50mLですが、1回の採血で2~6回の治療ができるため、結果として患者さんの負担は少なくてすみます。
手術や抗がん剤、放射線治療前の体力がある時に採血して、各治療の影響で自己免疫力が低下している時に体に戻すことで、免疫力を補充しがん細胞への攻撃を助けます。

cancer18効果については臨床試験を実施し、有効性の確認が行われています。
この結果は、英国医学雑誌「Lancet」※ に掲載され、世界の医学会にて認められました。

※医学論文 ランセット(英文)
Tadatoshi Takayama, Teruaki Sekine, et al Adoptive immunotherapy to lower postsurgical recurrence rates of hepatocellar carcinoma: a randomized trial. Lancet 2000; 802-07

cancer15cancer17

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME