メニュー

当院の特徴

統合医療的がん治療

 title11 

がんと診断された時、あなたに本当に必要な医療とは?

現在行われている西洋医学は、がん細胞に注目して手術で切り取る、抗がん剤や放射線でがんの増殖を止めることに努力してきました。そして、その技術も各段に高まっています。しかし、自己治癒力も同時に上げなければ、毎日発生するがん細胞や治療をすりぬけた強いがん細胞に対処できず、再発リスクは残ります。そして、つらい治療を受けた後に再発することも、残念ながら少なくありません。

現代西洋医学の効果を最大限生かしながら、副作用の少ない最先端の免疫細胞療法、超高濃度ビタミンC点滴療法、食養生、漢方、サプリメント、心理セラピー、気功であなたの治癒力を全力でサポートします。

cancer06

治療効果は、最大に、しかし副作用は最小に

手術をはじめとした西洋医学の治療は効果も大きいのですが、同時に体への負担が大きく患者さんにとって辛いものとなっています。

科学的な根拠を持ちながらも、副作用はできるだけ少ない治療を模索してゆく中で統合医療に出会いました。

University of Arizona

統合医療では、病気になった真の原因に直接アプローチしながら「人が本来持っている自然治癒力」を根本的に高め、心身共に健康を目指す医療です。がんの治療に大事なことは、がんが育ってしまった免疫低下の真の原因を根本から解決することです。そのために、心と体の自己免疫力を高める体質づくりが重要です。最先端の西洋医学の中でも副作用のほとんどないがん治療を併用し、統合医療の考え方で自己治癒力を高め、完治を目指しましょう。 基本的に歩いて外来通院できる程度の状況であれば、手術、抗がん剤、放射線で傷ついた体を癒し、最先端の免疫細胞療法を中心に、点滴、サプリメント、漢方と心の癒しを含めたカウンセリングで、がんに打ち勝つ免疫力を得ることも可能です。

患者さんの病状により条件が変わってきますので、詳しくは、外来受診時にご相談させていただきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME